FC2ブログ

ブログ 再び!

いやいや、このブログは久しぶりになります。

この間、全く何もしていなかったわけではないのです。
最近は、ホームページの「お知らせ」欄のところへ少しですが
日常を書いてました。

でもふとした時にブログもあったんだ、と今更ながら気づき、
こっちに変更しようと思いました。

と言う訳で、当分はブログを中心にやっていきまーす!

で、今日は何を書くかって?
そうですね~、...。

7月20日に地元、五ヶ所川で灯籠流しがあります。
その募集ですかね。

H25062401.jpg  

どうです、少しは見てみたくなってきたでしょう?
浴衣に下駄を履き、見に来ませんか?

当然、灯籠の参加も募集しています。
自分で作れない人は、製作キットを、¥500で販売しています。

宜しくお願いします。

4月16日

 今日4月16日は命日なのです。
生きていたならば59歳。
4月23日で60歳でした。

その人は、河島英五さんです。

ピンとこない人もいるかもしれませんが、「酒と泪と男と女」
「時代おくれ」と言えば、ああ、あの人か、とわかると思います。

私がギターを弾くようになったのもこの人の影響です。
ペルーやネパールに興味を持ったのもこの人の影響です。
大学の卒業旅行で、ネパールへ行こう、とみんなを誘い、
断られたのもこの人の影響です。

48歳の若さでこの世を去ったのですが、
私はあと4年で48歳になります。
まだまだこれからという時なのに...。

河島英五さんは亡くなる2日前にライブを行っています。
医者からは止められていたようなのですが、
何かを感じ取っていたのでしょう。
そのライブで、「旧友再会」と言う歌を歌ったのが最後でした。
病室でライブするのを心待ちにし、昔を思い、書きためた歌のようです。
今日は、ゆっくり、静かに聞き込みたいと思います。


今日はほんとに笑った 腹の底から笑った
夕べはあんなに塞いでいたのに 君に会えて良かった

今日の酒はうまかった 気持ちよく酔っ払った
ひとりでしんみり飲むのは辛いが 今日の酒はうまかった


ともに過ごした青春 今では笑い話さ
もしも、もしも、やり直せるならば も少しうまくやりたいね

今日はほんとに笑った 腹の底から笑った
わざわざここまで訪ねてくれて 今日はどうもありがとう ♪

You Tubeで聞いてみてください!

「よろい囲い」

少し前に、建物の外壁で「よろい囲い」について書きました。


普段、建築に携わっている人であれば、それがどのようなものなのかは、

ある程度わかると思いますが、そうでなければ恐らくどこかで見たことがある、

と言うくらいにしか、わからないと思います。



私の住んでいる南伊勢町では、毎年7月の天王祭りで、灯ろうに願い等を込め、

川から流しています。

この行事は、平成6年を最後に廃止されていましたが、平成20年に再び復活しました。

その灯ろう流しで流す今年の灯ろうで、その「よろい囲い」を、壁板を和紙に変えて、

イメージを再現してみました。



まずは、通常の灯ろうはと言うと、

110712-2.jpg 
これは、昨年の我が家の灯ろうです。

続いて、今年の灯ろう作りに入ると、

まずは、灯ろうの骨組です。

110714-1.jpg 
この骨組みに絵や字を書いた和紙を貼り作ります。


しかし今回は、「よろい囲い」をモチーフにしていますので、

110714-6.jpg 
これが、「よろい囲い」です。横に倒しています。

この壁は、横板を少しずつ重ねて、上から桟木で押さえています。

そこで、まず押さえる桟木を作りました。

110714-2.jpg 

桟木はそのままの角材で押さえるだけではありません。

重ねる板の段々に沿って、角材もささら状に削ります。

その段々に削った桟木に、壁板を張り付けていきます。

今回は、灯ろうで再現していますので、板の代わりに和紙で貼っています。

110714-4.jpg 
このように、一枚ずつ貼っていきます。


張り付ける壁面のパーツを作成してから、最後に建物に張り付けます。

今回も、まず各面のパーツを製作しました。

110714-5.jpg 

そして、最後の作業で、張り付けます。

110712-4.jpg 
これで、完成です。

考えているより、ずっと大変でした。

写真では、あまり重ねている状態が分かりにくいのですが、

実際のものは、きれいに重なっています。


出来上がりは、自分的には満足しています。

建物の外壁にそっくりに見えます。


この灯ろうは、7月16日19時頃から流すのですが、当日15時頃から

その川の堤防に並べて飾られます。

かわいい絵や、習字、切り絵、工夫を凝らした灯ろうなど様々です。

みなさん是非、見に来てください。

7月16日天王祭 あと4日

 天王祭まであと4日とせまりました。


私は、「G-soul」(五ヶ所魂)と言う地域の活性化グループに入っていて、

祭り・伝統行事やその他活動に参加しています。



その活動の中でも3本柱の一つである、天王祭の灯籠流しが4日後の

7月16日に行われます。

家族等の願いを灯籠に込めて、五ヶ所(地域)の中心を流れる川の上流から、

ロウソクの明かりを灯し流します。
110712-1.jpg 


昨年の我が家の灯籠はこんな感じです。

110712-2.jpg

今年は会社からも灯籠も出す予定で製作中です。

こんな感じです。

110712-4.jpg 

この画像ではわかりにくいと思いますが、建物の外壁で使われている、

「よろい囲い」をイメージしてみました。



私のすんでいる田舎でも、昔ながらの「よろい囲い」の外壁は随分減ってきました。

私としても、この昔ながらの工法を出来るだけ残していきたいと思っています。



この灯籠で再現することで、普段見過ごしている部分に目を向けてもらえたら、

と思います。


灯籠流しは16日19:00頃から行います。

他地域からの参加もOKなので是非とも自作の灯籠を流してみませんか?

まだまだ、間に合いますよ!

29℃ 90%

梅雨の間の晴天

でもなんと、気温29℃、湿度90%。

すんごいですね。

物凄い不快感いっぱいです。

湿度90%と言うのはアントニオ猪木のコブラツイストくらいすごいかもしれない。



私のデスクの上には透明なビニールのマット敷いてあるのですが、

パソコンを打つ時そのビニールマットの上に腕を置くと、

少し弱めの粘着シートで固定されたようにひっつき、

離そうとすると、ビローンと音をたてて離れます。



確かに、私は汗は掻きやすい方ですが、それだけではないようです。

みなさんもそうなりませんか?



そうなのです、湿気君が異常発生しているんですよね。

換気のため、窓を全開にしているため、追い出しても、追い出しても、

すぐに「ただいま」と帰ってきます。



からっとした暑さならば、まだまだ我慢できるのですが、

湿度が高いとどうしても、「まいった」言ってしまいます。



今年は、震災もあり個人的にも節電できる部分は頑張ろうと思っているのですが、

だんだん自信がなくなってきているところです。



この湿気さえなければ、もっと「心地よく」過ごすことが出来るのに。

今の私にとって、「心地よい」とは、「この湿気をいかに少なくするか」、

と言うことがテーマとなっています。
プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
07 | 2019/08 [GO]| 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク