FC2ブログ

「赤いサリーの女」ネパールの味編

んーーまい!10

これは、これは、ホントうまい!9

 

モモが特別においしかったのか、気分に負けておいしかったのかは、

定かではないが、361

んーまい、のである。

何度も言うが、うまい、のではなく、んーまい、のである。

 

これぞ、本当のネパールの味。

現地人の味、

と勝手に思っていたのである。

 

うまいものを食べると、ぐっすりとよく眠れるんだなこれが。

 

そして次の日、

・・・・・・・・・・12、・・・・・・・・・・12

 

おかしい、なぜか体が動かない。

夢なのだろうか?

ううっ、うううっ、13

 

なんと言う病気なのだ?

もしかして、ここで私の命も終わりを迎えることになるのか361

ああー、

 

遠く離れた、このネパールの地で倒れ、12

そして、ガンガーのほとりで焼かれ、13

やがて灰となり40、母なる川ガンジスに流されていくのか・・・。39

私の運命はこうなるようになっていたのか?

「ノウダラの女」の歌は最初からこう言うことを、

予言していたのか?

短い人生だったが、これで良かったのか?

お世話になった方々、本当にありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

ん、待てよ、

私には、こ、抗生物質が、

これで大丈夫。

ハッハッハ。

 

苦しみながら、1日が過ぎ、

 

グルジィ~、12

効かない12、抗生物質が、

なぜ、・・・。13

 

後になってわかったことだが、

これが、噂に聞く腹下しである。

インド・ネパールに行くと誰もが洗礼を受けると言うものである。

日本の正露丸などの胃腸薬は全く歯が立たないのである。

 

私は、ふらふらな体の最後の力を振り絞って、

田代まさしの家に駆け込んだのである。282

 

そのあとのことはあまり良く覚えていないが、

診療所100に連れて行ってもらい、

ネパールの薬を、

現地人の飲む本当のネパールの味を味わったのである。

複雑な感じなのだ。

 

原因は、一人勝手に入った食堂のモモが原因のようだ。

現地の人は大丈夫でも、旅行者はよくやられるそうだ。

 

やっぱり、私は日本人、お金持ちな旅人だと思い知らされたのである。

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
10 | 2019/11 [GO]| 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク