FC2ブログ

帰ってきた「赤いサリーの女」

歴史は繰り返す

ジャッジャン、ジャジャジャン。

 

そうなのである、また、あの、

歴史文化友好ドキュメンタリー青春記、

「赤いサリーの女」が帰ってきたのである。

ヒューヒュー。

 

お待たせいたしました。

長い年月を得て、そしてなおかつ、

バージョンアップして帰ってきました。221

 

あなたなら、この違い、きっとわかるはずです。

ハッハッハ7、ウワッハッハ717

 

「赤いサリーの女」番外-カトマンズ食事編125

 

いや~、ネパールは本当にいいところだ。

物価は安いし、景色もいいし、

フッフッフ、

このまま、在ネパール日本人と言うのもいいのかも、17

と考えながら、夢にまで見ていたポカラからカトマンズに

戻ってきたところだった。

 

実は、ポカラでは、ほとんど一人で、

食事も観光者向けのレストラン(レストランと言っても汚~い食堂だ)で、

食べていたのである。

 

メニューと言えば、バッファローの肉料理とモモと言う、

餃子のようなものがほとんどだった。

バッファローの肉も美味しいのだが、

モモが、またまたおいしいのだ。271

餃子と同じで、フライドモモ7、ボイルドモモ10、スープモモ11、そして普通のモモ13

 

これはホントやみつきになる味なのだ。

これはもしや、餃子の原点ではないだろうか?

もうモモなしでは生きていけな~い。

と、思うほどであった。

 

しかし、今食べているモモは、観光客向けの店のものなのだ。

もしかすると、現地の人はもっと美味しいモモを、

自分たちだけが、食べているかもしれない。

ぬぬっ、それは許せない、私も食べてやるのだ。

フッフッフ、待ってろよ、

本物のモモ君、今食べに行くからね~

 

なんて甘い考えでいたのである。

しかし、ここはカトマンズ、

コンビニはなくてもネパールの首都である。

モモを出している地元の食堂は山ほどある。

 

どの店がおいしいかわかるはずもない。

フッフッフ、見てろ、うまい店を探し出してやる。

 

東京でいえば、青山の表参道のような通りの、

ラジンパットから少し入ったところの店に決めたのである。

ほっほっほ、私の五感は、ここだと言っているのだ。

戸をあけて、

 

私:「ナマステー」(こんちは~)

おやじ:「ナマスカー」(へい、いらっしゃい)

 

フッフッフ、もう私もれっきとした、在ネパール日本人なのだ。

むむっ、しかしこの在ネパール日本人と言うのは、

聞きなれないせいか変な感じがするのである。

と言うことで、今後は在ネ日本人とするのだ。

 

おおっ、これならなかなかしっくりいくのだ。

 

と言うところで、終わってしまうんだな~。

この続きは、またいつ復活するかわからない、

「赤いサリーの女」番外-カトマンズ食事編(後)

を楽しみにしていてくれたまえ。

 

それでは、乞うご期待を!

ハッハッハッハッハッハッハッハハーッ。

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ナマステ~

 フライドモモv-8 ボイルドモモv-10
 スープモモv-12 普通のモモv-12
 ・・・・・・・そして あなたのモモ・・・・・v-30・・・・・
             なんでやねんv-397v-359                        写真ないの~
 その 餃子もどきの・・ 
            

あんたも好きねー

おお、ここに信者がいたか。v-9
赤いサリーの女の信者は、
隠れ信者が多くてねー。v-16

おさっピィ君を信者1号に認定しよう。
フッフッフ、おめでとう。

モモの写真は残念ながらないのです。
しかし、ちょっと変わった写真があるので、
後篇に期待していてくださいな!v-319
プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
10 | 2019/11 [GO]| 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク