FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤いサリーの女Ⅵ」

いやいや、久しぶりの「赤いサリーの女」

待ち遠しかったでしょう。

私も、早く書きたかったところなんです。

 

少し間が空いたのでどこまでいったか忘れてしまった人も

多いと思いますが、とりあえず過去の記事を読み返してから

読んで下さいな。

じゃないと、ただでさえ難しい話がさらに難しくなるからね。

 

では、今回はオールドタウン、バクダプルを後にして、

カトマンズから東へ、んーだいたいバスで2時間くらいだったかな?

ナガルコットという景色のとても良いところです。

 

そこへは一般の人も普通に乗るバスで移動。216

待合の場所にはなぜかヤギ?の集団を連れた人も。

ここで、まさかね、と思うのはやはり日本人。

 

フッフッフ、やはりまさかなのである。

バスの中では、私の横は角のあるヤギさん。

 

ヤギだ!と思ったのは私で、

日本人か!と思ったのはヤギさんであっただろう。361361

んー、どちらが場違いかと言うと、それはやはり

よそ者の私であろう。

 

すみませんが、少し乗せてくださいな、と言わんばかりに

小さく乗っていました。

ちなみにバスは満員御礼。

屋根の上にもひと・ヒト・人。12

バスの横っ面にもひと・ヒト・人。12

そしてヤギさんは、バスの中。17

はっはっは、これがネパールだ。

 

あいにくナガルコットの天気はあまり良くなく、

ヒマラヤやアンナプルナの山々はよく見れなかったが、

それ以上にとても良い光景と出会った。

 

それはまさしく、「赤いサリーの女」予備軍であり、

また、ネパールの真実だ。

img014_convert_20090521173849.jpg 

いい写真でしょ?私の宝物の一つです。

 

今この子たちはどうしているのだか。

この頃が10歳くらいだとしたら、

今頃30歳くらいなんだな~。

もう完璧な、赤いサリーの女になっているのだろなー。

 

会えないとわかっているのだけど、

会いたいね~。でも、会えない。

それが、ネパールなんだなー。

 

では、今回はここまで。

そろそろ、クライマックスは近いか...。

乞うご期待を!319

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
12 | 2019/01 [GO]| 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。