FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイム駅伝3

おっと、前回のブログから2週間もたってしまった。


「スイム駅伝2」の内容を忘れてしまった人は、まず
「スイム駅伝2」を読み返してから読んでくれたまえ。
また、もうすでに記憶から無くなっている人は、
「スイム駅伝1」からの再読をおすすめします。
では、愛と感動のスーパーエキセントリックドキュメンタリーハードボイルド体験記をどうぞ!


「ピピピピッピ」

と鳴る前に、目覚ましのアラームを解除するのは、いつもと同じだった。
こんなに寝不足であっても、習慣とは恐ろしいものだ。

睡眠時間は確かに少ないが、それを感じさせるようなものは何もない。
なかなか快調だ。
やはり、昨夜のは、デジャブなのか...。


すばやく身支度を整え、愛車PSに乗り込みエンジンをふかした。
因みに愛車PSとは、プリウスの略である。

太陽の昇る遥か前の真っ暗な状態の静寂の中を、
カーステレオから、一曲のバラードが流れ始めたのであった。

「domani kosiwo orosi kamadonohiwo mitumenagara
  hoozuewotuku noudarano onna 」

おお、これはボズ・スキャッグスかと思ったが、
いや違う、この声は...

そうだ、「河島英五」だ。
そうだ、河島英五の「ノウダラの女」だとわかった。

あたり一面を漂う夜霧を、朝霧が取って代わろうとするその時を、
「ノウダラの女」のギターのキー、Amの音が静寂を打ち破ったのだった。

戦いの前の己の魂を呼び起こす歌、
これから来るであろう荒波に、
心・体・そして魂までもが敏感になっていったのであった。


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
06 | 2019/07 [GO]| 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。