FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29℃ 90%

梅雨の間の晴天

でもなんと、気温29℃、湿度90%。

すんごいですね。

物凄い不快感いっぱいです。

湿度90%と言うのはアントニオ猪木のコブラツイストくらいすごいかもしれない。



私のデスクの上には透明なビニールのマット敷いてあるのですが、

パソコンを打つ時そのビニールマットの上に腕を置くと、

少し弱めの粘着シートで固定されたようにひっつき、

離そうとすると、ビローンと音をたてて離れます。



確かに、私は汗は掻きやすい方ですが、それだけではないようです。

みなさんもそうなりませんか?



そうなのです、湿気君が異常発生しているんですよね。

換気のため、窓を全開にしているため、追い出しても、追い出しても、

すぐに「ただいま」と帰ってきます。



からっとした暑さならば、まだまだ我慢できるのですが、

湿度が高いとどうしても、「まいった」言ってしまいます。



今年は、震災もあり個人的にも節電できる部分は頑張ろうと思っているのですが、

だんだん自信がなくなってきているところです。



この湿気さえなければ、もっと「心地よく」過ごすことが出来るのに。

今の私にとって、「心地よい」とは、「この湿気をいかに少なくするか」、

と言うことがテーマとなっています。
スポンサーサイト

何が本当に快適なのか?

今日も一日雨です。


ジメジメ、ジメジメ、
室内の空気も、どんより。


不快指数がどんどん上がっていきます。


最近の住宅では、24時間換気と言って、
換気扇を24時間、ブンブン、グルングルン、まわして
不快な空気の入れ替えを行っているようです。

と言っても、おそらく、たぶん、の話です。

この24時間換気扇の設置は、法律で決められたことであり、
住人の希望での設置ではないことがほとんどです。


では、実際どのくらいの方がこの24時間換気扇を回しているのだろう?


節電、節電、と言われている中で、どのくらい24時間換気をしているのだろう?
本来は、節電と言われても、この24時間換気扇を止めるべきではないのですが...。

我が家は、昔の家なので24時間換気扇は付いていないのですが、
付いていたらどうするだろう?

きっと、付いていても24時間換気はしていないと思います。
面倒くさがり屋なので、当然換気扇のフィルターの掃除などはめったにしないし、
音も気になりそうですしね。
音はともかく、フィルターの掃除はしないでいると、それこそ「病原菌発生機」
になりますからね。


全ての家がそうではないですが、最近の家では気密性がよく、
「化学物質の濃度が薄まらない」ことや、「水蒸気の逃げ場がなく結露しやすくなる」、
と言うことのため、24時間換気は必要なようです。

でも裏を返せば、「化学物質のでる要素を極力減らす」、「出た場合は他の材料等に吸着させる」、
「水蒸気は溜まらない工法にする」とすれば、本来24時間換気扇はいらないのです。
と言っても、法律上は付けないといけないのですが。(おかしいですけどね)

「化学物質の出る材料を多く使い」「水蒸気を室内に閉じ込める」、こんな工法で
家を建てて、機械的に処理しよう、と言うのがそもそも間違いなのですね。


やはり、何が「心地よい」かと言うと、
換気扇等の機械に頼らなくても良い「家のつくり」にすることですね。
プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
03 | 2019/04 [GO]| 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。