FC2ブログ

「よろい囲い」

少し前に、建物の外壁で「よろい囲い」について書きました。


普段、建築に携わっている人であれば、それがどのようなものなのかは、

ある程度わかると思いますが、そうでなければ恐らくどこかで見たことがある、

と言うくらいにしか、わからないと思います。



私の住んでいる南伊勢町では、毎年7月の天王祭りで、灯ろうに願い等を込め、

川から流しています。

この行事は、平成6年を最後に廃止されていましたが、平成20年に再び復活しました。

その灯ろう流しで流す今年の灯ろうで、その「よろい囲い」を、壁板を和紙に変えて、

イメージを再現してみました。



まずは、通常の灯ろうはと言うと、

110712-2.jpg 
これは、昨年の我が家の灯ろうです。

続いて、今年の灯ろう作りに入ると、

まずは、灯ろうの骨組です。

110714-1.jpg 
この骨組みに絵や字を書いた和紙を貼り作ります。


しかし今回は、「よろい囲い」をモチーフにしていますので、

110714-6.jpg 
これが、「よろい囲い」です。横に倒しています。

この壁は、横板を少しずつ重ねて、上から桟木で押さえています。

そこで、まず押さえる桟木を作りました。

110714-2.jpg 

桟木はそのままの角材で押さえるだけではありません。

重ねる板の段々に沿って、角材もささら状に削ります。

その段々に削った桟木に、壁板を張り付けていきます。

今回は、灯ろうで再現していますので、板の代わりに和紙で貼っています。

110714-4.jpg 
このように、一枚ずつ貼っていきます。


張り付ける壁面のパーツを作成してから、最後に建物に張り付けます。

今回も、まず各面のパーツを製作しました。

110714-5.jpg 

そして、最後の作業で、張り付けます。

110712-4.jpg 
これで、完成です。

考えているより、ずっと大変でした。

写真では、あまり重ねている状態が分かりにくいのですが、

実際のものは、きれいに重なっています。


出来上がりは、自分的には満足しています。

建物の外壁にそっくりに見えます。


この灯ろうは、7月16日19時頃から流すのですが、当日15時頃から

その川の堤防に並べて飾られます。

かわいい絵や、習字、切り絵、工夫を凝らした灯ろうなど様々です。

みなさん是非、見に来てください。
スポンサーサイト



家を建てる時!

家を建てよう、と決心するのはどんな時なんでしょう?

家を建てるには、大変なお金・エネルギーが必要です。
それでも「家を建てよう」と言うのだから、それはすごい決心があることでしょう。

地震が心配だから。
夏暑くて、冬はとても寒い家だから。
家族が増えて、部屋が足りなくなったから。

こんな時に決心したのであれば、建てる家に求める要求もはっきりしています。

地震に強い家にしたい。
夏涼しくて、冬暖かい家にしたい。
部屋数の多い家にしたい

などですね。


でも、何となく家が必要になり、建てなければいけなくなった時、

結婚を機に家を建てる。
老朽化してきたので、そろそろ建てないといけない。

そんな時は、どんな家を建てたいのかと聞かれても、
返答に迷ってしまう人も多いと思います。


では実際、家を建てるとなったら、
建設業者との打合せで、どのように頼みますか?

「本体はCコースで、オプションはBセットで、トッピングはDとFでお願いします。」

このような方法では、確かに簡単に出来ますが、いい家は決して出来ません。
「何を使いたい、ここはこうしたい」ではなくて、
「どのようなかんじにしたい」なのかを伝える必要があるのです。

そして、伝えたことに対して、的確な判断を下してくれる、
信頼できるパートナーを探すことが大切だと思います。

「あの会社は大手だから」、「あそこは有名だから」ではなく、
「あの会社の、あの人ならば信頼できる」という、
本当に話を進めていく相手のことを、よく知ることが大切です。

そして、要望としては、
「寒くない家にしたい」、「湿度の低い、さらさらした家にしたい」などから、
「こんな雰囲気にしたい」、「こんな感じにしたい」と言うような漠然としたものまで、
自分の望む家のイメージをなるべく多く伝えるようにして下さい。

聞き手は、プロです。
イメージを形にすることが仕事です。
信頼できるパートナーを見つけたならば、どんな小さなことでも、伝えて下さい。
きっと、素晴らしい家が出来るでしょう。


そうそう、私も信頼できるパートナーを知っていますよ。
ほんと、親身になって聞いてくれる人ですヨ。
もし、「家を建てよう」と考えている人がいたら、教えてあげて下さい。

http://nakaken4005.com/ の中村さんです。

ホームページに、中村さんの「住みたい家」と言うのも載ってますよ。
どうぞ、参考にしてみて下さい。

結露とはⅢ

さて、今回結露について簡単なまとめをしたいと思います。


昔ながらの家の壁の中はどうなっているか知っていますか?

そうです!割り竹を下地にして、土を塗ってありますよね。

なぜいいと思いますか?


そりゃー、土を使っていると暖かいだろう。

今の住宅の断熱材にはない暖かさがあるねー。


こんな声も良く聞かれます。

確かに、イメージ的にはとてもあったかそうな気がします。

しかしです、科学的な数字の根拠によると、実は今の断熱材には

及びもしないのです。

土=あったかい

と言うイメージが先行しているようです。


でも、断熱性能が無いから、全く駄目な断熱材、

とは言い切れないようです。

断熱性能はなくても、水蒸気の透湿性・調湿性を持った、

素晴らしい一面もあるのです。


では、現在の多くの住宅に使われている断熱材はどうでしょう?

断熱性能は、土壁と比べものにならないくらい高いですが、

透湿性・調湿性は全くありません。

まっ、言ってみれば魔法瓶で出来た住宅ですね。

いや、魔法瓶と言うより、湯沸かしポットで出来た住宅ですね。

周りの温度には関係なく、中の温度は変わりにくく、冷えてきたら、電気で温める。

まさしく、湯沸かしポットです。


そんな住宅って、本当に快適でしょうか?

みなさん、暑いところに置いた、素焼の壺入れた水が冷やされていく

と言うのを聞いたことはないですか?

これもイメージで言ってしまうと、すぐに生ぬるくなり、やがて温かくなってしまう、

と思うでしょう。

でも実は逆なんですね。

素焼の壷の周りの無数の穴から水がしみ出て、それが水蒸気に気化することにより、

気化熱を奪い、中の水が冷やされていくのです。

電気を使わなくても、こんなことが出来るのですね。


住宅もまさにそうなんです。

全てをシャットアウトして、設備機器で調整することだけが全てでは無いのです。

人は自然を制御できるはずはありません。

それなら、無理やり制御するより、もっと自然を利用することを考えるべきです。


最近はエコハウスなど、エコという言葉を良く耳にします。

そのエコとは実は自然をうまく利用した、パッシブ住宅であるべきだと思います。

省エネ家電を使って、「エコ」と言うのは何かおかしいと思いませんか?

こんな偉そうなことを言っている私もこのことに気付いたのは

そんなに昔からではありません。

でも、気付くことが出来たことがとてもラッキーなことだと思っています。


だからこそ、本当の「エコハウス」、「パッシブハウス」を広めていきたいと思っています。

心地よく、いつまでも、住み続けたい家」それこそ私の考える

「エコハウス」「パッシブハウス」です。




結露とは?Ⅱ

今回も前回の続きで、結露です。


前回は、換気扇をブンブンまわして水蒸気を追い出せば
結露がしなくなる。
そして、換気扇を回さなくても良い方法がある。
と言うところでした。

どのような方法でしょう。

簡単なことです。
水蒸気が増えてきたら、水蒸気の方から出て行ってもらえばいいのです。

水蒸気さん、水蒸気さん、
この部屋はもうたくさんの水蒸気さんであふれかえっていますので、
別のところへ行ってください。
そちらには、まだ水蒸気さんはあまりいませんよ。

という具合です。

ハッハッハ。
簡単でしょう?

「えっ、そんなばかな。」って?
そう思うでしょう。
でも、そうなんです。

実は、水蒸気さんは湿度の高いところから低いところへ
行きたがる性質があるのです。
ですから、湿度が高くなり水蒸気さんが増えてくると、
湿度の低いところへ移動しようとするのです。

なんとも素晴らしい性質をしているじゃありませんか。
何もせずに、勝手に移動してしまうのですよ。
ホント、偉いですね。

「ええっ~、じゃあなんで最近の住宅は換気扇をブンブン回すの?」

と言う疑問が出ますよね。
当然です。

最近の住宅は、全てではないですが、多くの住宅が、
移動しようとする水蒸気の動きを通せんぼする造りにしているからです。
自然に逆らった方法を取っているのです。

出て行こうとする水蒸気さんを通せんぼして、
そして、電気を使い、換気扇で追い出している、
これが現在の多くの住宅の姿です。
良く考えると、面白いですね。

省エネ・省エネと言われる時代の考え方に逆行していますね。

とは言う私も、最近までは全てではないですが、このような方法を取っていました。
でも今は、もう気付いたのです。

自然に逆らってはいけないのです。
自然は友達なのです。
そうです、原点に返るのです。

こんな時に聞きたくなるのが、河島英五さんの曲です。
「風になれ」
素晴らしい歌です。

http://www.youtube.com/watch?v=xeVjEzZKKaU

話はそれましたが、そうです、原点に返るのです。
自然に任せるのです。
人が制御しようとするのは間違いです。
これこそが、本物の住宅の姿です。

「心地よく、いつまでも住み続けたい家」
http://nakaken4005.com/

やっと見つけました。
本物です。
知らずして、他を建てるには仕方がありません。

しかしです、
知ってから、他を建てることはないでしょう。

あなたが、「心地よく、いつまでも住み続けたい家」を望むなら!

次回は、なぜそんなにすごいのかをほんの少しだけ教えちゃいます

結露とは?

今日は少し難しい話にチャレンジしたいと思います。
難しいと言って、途中で挫折せず、最後まで付いてきて下さいな!

このところ暖かくなってきて、結露しているところも
見なくなってきましたが、この結露について考えてみます。

結露と言うのは、空気が冷やされることによって、
そこに潜んでいる水蒸気が目に見える水滴と言う形となって現れることです。

空気が冷やされるとなぜ水滴となるのかと言うと、
空気の持つ飽和水蒸気量がその絶対湿度との・・・、

となると、半分の方が読むのをやめると思いますので、
簡単に言うと、
暖かい空気は、水蒸気を隠すことのできるポケットをたくさん持っていて、
寒い空気は、そのポケットをあまり持っていないのです。
その結果、寒い時ポケットに隠しきれない水蒸気は、
水滴となって現れるのです。

冬の寒い台所を想像してみて下さい。
外の気温は3℃、室温は20℃。
ガス台では、鍋がグツグツ煮だっています。
そんな時、鍋から出た水蒸気君は、
暖かい室内を透明人間のように、飛び回っています。

しかしです、遊びすぎて窓際に飛んできた時、そこは外の冷気が
押し寄せていて、10℃くらいだとします。
そうすると、今までたくさんあったポケットは、急に少なくなって、
隠れることが出来なくなってしまうのです。
その結果、ガラス面にベチョッと現れてしまうのです。
これが、結露です。

では、どうすれば結露しないようにすることができるのか?

ここまで読んでくれた人は簡単に分かりますね。
そうです、冷やさなければいいのです。

最近の住宅は結露させないように、壁や天井に断熱材を
たくさん入れて、冷やさないようにしていますね。
又、窓ガラスも二重ガラスにするところが多いですよね。
その結果、結露する家は少なくなりました。

でももう少し考えてみて下さい。
人間は、常に呼吸をしています。呼吸をすると水蒸気を出します。
又、料理をしたり、湯を沸かしたりすると、水蒸気は出続けます。
暖かい空気はポケットをたくさん持っていますが、水蒸気が
増え続けると、いつかはポケットが足りなくなります。
では、どうすればいいのですか?

そうなんです、こんな時は換気扇なのです。
空気中にうじゃうじゃ集まった水蒸気君を換気扇で外へ追い出してしまえばいいのです。

なんだ、なんだ、
結露をさせないためには、部屋中を暖かくして、換気扇をブンブンフル稼働させて、
外に追い出してしまえばいいのか。

ハッハッハ、勝利

で、いいのでしょうか?

部屋を暖かくするために電気をたくさん使い、水蒸気が増えてきたら、
今度は換気扇をブンブンまわす。
本当にこれで良いのでしょうか?

世界の科学と言うのは日々物凄い速さで進化していると思います。
この先、又何か不都合なことが起きればそれを解決する、
機器が開発されるでしょう。
そして、電力会社や電気屋さんは揉み手ですり寄ってくることでしょう。

雑誌、テレビの広告に洗脳され、人はすぐに快適に飛びついてしまうことでしょう。
こんないたちごっこが何時まで続くのでしょうか?

実はです、こんな悩まず、換気扇をブンブンまわさなくても、
結露させない方法はあるのです。

簡単なことなのです。

自然に考えれば、すぐに解法は見つかります。

ハッハッハ、

フッフッフ、

つ・づ・く なのだ。

どうしても待ちきれない人は、
以下のホームページが手掛かりになるかも・・・

http://nakaken4005.com/
プロフィール

kenたん

Author:kenたん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめプラグインv2
08 | 2019/09 [GO]| 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク